medical insurance

医療保険の必要性について

怪我や病気などで入院する場合、医療費などで高額な費用がかかるケースがあります。

そうした費用を保障する保険として医療保険があります。

医療保険単体の保険もあれば、死亡保障がメインの保険に特約という形で医療保障がついている保険もあります。

医療保険の必要性については、公的保険には高額療養費制度があるため、必ずしも必要がないという意見もあります。

また、医療技術が日々進歩している現代においては入院日数も短縮傾向にあり、通院治療の保障には適さないという意見もあります。

しかし、高額療養費制度については月単位で計算されるため、月をまたいでの入院の場合は思った以上に費用のかかるケースもあります。

また、病気休暇や有給休暇の制度がある大企業や公務員と違い、自営業者などは入院すると収入も激減することとなります。

そのため、医療保険の加入にあたっては、それぞれの家庭の経済事情や入院時の収入保障なども考慮したうえで加入を検討するのがよいといえます。