medical insurance

医療保険の正しい選び方

医療保険の正しい選び方は以下の三つのポイントを押さえることです。

一つ目はどのような特約がついているかです。

どの医療保険も入院日額は大きな差はないのでどのような特約がついているのかが重要になります。

代表的な特約には通院特約や退院特約、三大疾病特約、がん入院特約などがあります。

自分が気になる病気の特約をつけておけば保障を上乗せすることができますが、その分月々の保険料は高くなるので注意が必要です。

二つ目は一回の入院あたりの補償限度日数をどうするかです。

最近では60日のタイプが主流ですが、がんや心筋梗塞などの長期の入院が必要になる病気が心配な場合は特定の病気に対する保証限度日数が長い保険を選ぶことが重要です。

三つ目はどの保険のタイプを選ぶかです。

医療保険には解約した時に払戻金がない掛け捨て型と払戻金がある貯蓄型があります。

掛け捨て型は払戻金がないのはデメリットですが、商品自体がシンプルで保険料が安いというメリットがあります。

どちらのタイプを選ぶかは月々の保険料と将来戻ってくる払戻金を細かく計算してから決めることが大切です。

医療保険は一生保障期間が続く終身保険と保証期間が限定される定期保険にも分かれます。終身保険は保険料が契約時のまま上がりませんが、加入時の保険料が定期保険より割高になります。

定期保険は加入時の保険料が終身保険より割安ですが、更新ごとに保険料が上がるので平均寿命まで生きた場合は終身保険よりも生涯支払額が高くなることがあります。

どちらを選ぶかは加入時の年齢や将来のライフプランをよく検討してから決めることが大切です。

医療保険にはメリットがあります

最近では難しい病気になり高額な治療費が必要になる場合があるので、医療保険などに加入をしていると負担金が減るメリットがあり、無駄な不安を取り除く事がで... もっと読む

医療保険デメリットは、内容次第で不可能があります

医療保険デメリットは、申込みをする時に告知申請を提出する必要があるので該当する場合は申込みをすることが不可能になるので注意が必要ですが仮に成功した... もっと読む