medical insurance

医療保険制度の仕組みと様々な医療保険の種類

医療保険制度とは、困った時にお互いに助け合う相互扶助の精神に基づき、月々保険料を徴収する代わりに、病院にかかった際に医療費の一部を保険者に支払ってもらう制度です。

戦後、国民健康法が改正され、国民全員を何らかの医療保険に加入させいざという時に備える国民皆保険体制が確立されました。

医療保険には現在全ての人が加入していますが、職種によって加入している保険の名称や内容が少しずつ違います。

具体的には、サラリーマンが加入している被保険者保険、自営業者や定年退職後のサラリーマンが加入している国民健康保険、75歳以上の高齢者が加入している後期高齢者医療制度の三つが有名です。

本当に必要なおまとめローンを選びたいと思いませんか?
http://kakaku.com/omatome-loan/
比較してわかる自分にあったローン

被保険者保険は、企業に勤めている方が加入している健康保険組合や協会けんぽ、公務員が加入している共済組合に分けることができます。

国民健康保険の場合、国が保険者となり、保険料は地方自治体を通して国に納付する事になります。

被保険者保険や後期高齢者医療制度の場合、国に代わり、組合や広域連合が保険者となり、独自に保険事業を行っています。

その為、保険料の納付先も各組合や都道府県ごとにある広域連合になります。

特に、被保険者保険の場合、組合ごとに独自の運営が出来る為、国民健康保険より手厚い給付が可能になり、健康管理事業やイベントの開催が多いという特色があります。

このように、全員が加入している医療保険ですが、実際に医療費の自己負担がゼロになる訳ではありません。

多くは2割から3割程度の自己負担が発生してしまうのです。

会社設立するならまずは無料相談窓口へ
http://www.venture-support.biz/new/
アクセスがしやすい場所で探したい

病気や怪我をした際に万全に備えたいという方は、任意で民間の生命保険会社が提供している医療保険に加入する事ができます。

この場合、保険者は生命保険会社になる為、加入する際の契約に基づき各生命保険会社に保険料を納付する事になります。

生命保険会社が提供する医療保険の種類はとても多く、自分の希望する給付を適切な保険料で受けれる保険を見つけることが可能です。

生命保険会社の担当者の説明をしっかり聞く事が大切で、できればファイナンシャルプランナー等の専門家に相談した上で加入すると安心です。